【ティー レポ】インターコンチネンタル 東京ベイのラグジュアリー空間で楽しむアフタヌーンティー

*本記事のリンクには広告を含みます

【ティー レポ】インターコンチネンタル 東京ベイのおしゃれラウンジで楽しむアフタヌーンティー

インターコンチネンタル 東京ベイの高い天井、上質なソファー、おしゃれなインテリアが非日常なラグジュアリー空間でいただくアフタヌーンティー

シーズンごとにテーマが設けられ、季節に合ったメニューを揃えて提供されています。訪問した際は、「ルビーチョコレート&ピスタチオ」がテーマでした。

インターコンチネンタル 東京ベイは、新交通ゆりかもめ線「竹芝駅」に直結しています。

実際に行った時の様子を、写真付きで紹介します。

ちなみに今回は、一休.comレストランから割引がある【土日祝+乾杯ロゼスパークリング付】8,200円 (23%OFF)を予約して行きました。

割引されて平日だと乾杯ロゼスパークリング付 7,000円台~楽しめます。

目次

竹芝駅に直結

ホテル外観。
インターコンチネンタル東京ベイは、新交通ゆりかもめ線 竹芝駅に直結しています。
浜松町駅からは徒歩8分。大門駅からは徒歩10分です。

東京湾が目の前に広がるベイサイドホテルです。

竹芝駅に一番近いホテルの入り口。
こちらはでホテル3階部分に繋っています。

ホテル1階部分の入り口。

ホテル入ってすぐの様子。

エレベーターの前の様子。
ホテル内は照明やインテリアに重厚感があり、入った瞬間から非日常空間に包まれます。

インターコンチネンタル 東京ベイ「ニューヨーク ラウンジ」

ニューヨーク ラウンジの全体。思わず「すごーい」と小さく声が出てしまうほど夢のような空間。

シャンデリアが輝く、大きくて上質なふかふかしたソファの席。
席数は50席あります。

テーブルは、一片の曇りもなく輝いています。

クッションはモエ・エ・シャンドンの黒がアクセントになっていておしゃれ!

席によってソファやテーブルが異なります。
それぞれ全く違う組み合わせなのに、全体的にまとまりが良くなっていて、コーディネートに圧巻しました。

ラウンジの奥の席。

小さめのテーブル席も可愛いうえにおしゃれ。

いくつもの照明や間接照明はが作り出す光の加減も最高にラグジュアリーな空間を演出しています。

インテリアも素敵。
どこを切り取っても写真映えするラウンジです。

テーブルの様子。
予約をしていったので、すでにアフタヌーンティーの用意がセットされていました。

乾杯用のロゼスパークリングワイン。ノンアルコールも選べます。
今回は一休レストランから割引があった、乾杯ロゼスパークリングワイン付のプランを予約していきました。

ロゼスパークリングワインを楽しんだ後に、紅茶を選びます。

おかわり自由のドリンク

ドリンクのメニュー表。

コーヒー4種、アイスコーヒー、アイスカフェオレ、アイスティー、日本茶2種、中国茶3種、チョコレート、クラシックティー3種、ハーブティー4種、フレーバーティー4種 約24種がおかわり自由。種類の変更も自由です。

紅茶はポット提供。ソフトドリンクやノンアルコールワインもあります。

フェミナン
ローズヒップやハイビスカス、レディースマントルなど7種のハーブがブレンドされています。
バラが香り、ほのかな酸味があります。

完熟マンゴー烏龍
注いだ瞬間からマンゴーの良い香りが辺りに漂います!トロピカルな味わい。

チョコレート
ココアのようなドリンク。甘すぎず丁度いい感じでした。

ピエール・ロゼ・シャルドネ
ノンアルコールのワイン。美味しい白ブドウのジュースです。
赤のノンアルコールワインもあります。こちらもおかわり自由です。

アフタヌーンティー

人参のポタージュ、ベーコンと玉ねぎのキッシュ
最初に別皿のセイボリーが運ばれてきました。
人参の甘みが感じられるなめらかなポタージュ。キッシュは、サクサクのタルト生地で包まれていて一口サイズで食べやすいです。

別皿のセイボリーを頂いた後、アフタヌーンティーが運ばれてきました。

アフタヌーンティー全体。

ゴールドで形が可とても愛い3段ティースタンド。

下段はセイボリー3品。

中段はスコーン2種とピスタチオとチェリーのケーキ 。

上段はスイーツ5品が美しく並びます。

可愛くて美味しいスイーツ

まずは、スイーツから一品一品ご紹介します。

ルビーチョコのロリポップ
ルビーカカオを原料とするピンク色のチョコレート「ルビーチョコ」の味わいが楽しめます。
かわいい雪の結晶のホワイトチョコレートがついています。

ピスタチオのタルト
コクのあるピスタチオクリームの中には、ラズベリーがはいっています。
トップには、香ばしいピスタチオもトッピングされています。

ルビーチョコのムース
ルビーチョコのムースの下はサクサクのタルト生地。
タルト生地の中にはカスタードのような、バニラビーンズ入りのクリームが入っています。

苺とピスタチオのマカロン
苺とピスタチオのバイカラーが可愛い。
マカロンにサンドされたクリームはいちごです。

苺プリンとハーブゼリー
プルプルの苺プリンにハーブゼリーが重ねられています。

ピスタチオとチェリーのケーキ
グリオットチェリーの酸味がピスタチオとよく合うタルト。トップにはナッツがトッピングされています。

セイボリー&スコーン

スコーン
スコーンは2種。ルビーチョコのスコーン、ピスタチオのスコーンです。
スコーンは、外がサクサク、なかはしっとりしています!

スコーンにつけるコンディメント
マーマレードジャム、フランボワーズジャム、クロテッドクリームの3種。

ローストビーフ トリュフ香るポテトサラダ
柔らかいローストビーフの下に、ポテトサラダが敷かれています。
ほんのりトリュフの香りも感じます。

アボカドと小海老のトルティーヤロール
プリプリの海老とアボカド、人参が入った一口サイズのトルティーヤロール。

パテアンクルト
「チキンのパテ」をサクサクのパイで包んだフランス料理。
なかのチキンのパテの塩気が丁度よく美味しかったです!

感想

感想 ニューヨーク ラウンジ by インターコンチネンタル 東京ベイ

インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティーの一番の特長は、夢のようなラグジュアリーな空間だと思います。
席も広くてゆっくりと、優雅にティータイムを過ごすことができました。

スイーツやセイボリーも可愛いくて美味しい。飲み物も種類豊富で、時間いっぱい楽しめました。
東京で非日常的な雰囲気と共にアフタヌーンティーを楽しみたい方に、とてもおすすめです!

以上で紹介は終わりです。

予約&お店情報

おすすめ予約サイト「一休.comレストラン」

インターコンチネンタル 東京ベイで探す

会計時の料金が分かるのでおすすめ。
ホテルのレストラン、カフェの利用に慣れてない方ほど、分かりやすくておすすめです。

店名 インターコンチネンタル 東京ベイ
ニューヨーク ラウンジ
住所 東京都港区海岸1-16-2 インターコンチネンタル 東京ベイ1F
アクセス 新交通ゆりかもめ線「竹芝駅」直結
JR山手・京浜東北線・東京モノレール線「浜松町駅」徒歩8分
都営大江戸線・都営地下鉄浅草線「大門駅」徒歩10分
時間 アフタヌーンティー 2時間制
子ども同伴 同伴可
席数 50席
駐車場
ドレスコード なし


お得な情報満載の
ナレログ メルマガ配信中!

レストランをお得に利用する方法や最新のお得プランといった厳選情報を配信!

メルマガ登録へ

「いいね」と思ったらツイートお願いします!

少しでも参考になったらツイートしてもらえると励みになります。

kura@ナレログ

大阪を中心に関西のアフタヌーンティー&スイーツビュッフェに行ってます。

SNSでお得情報発信中。フォローはお気軽に!

  • @knowlelog
    厳選スイーツ写真をアップ
  • @knowlelog
    ブログで書けないことをツイート

ナレログ インスタグラム

※掲載の内容は記事公開・更新時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトなどの確認を!
情報提供:一休.comレストラン、Ozmall