【ティーレポ】リッツカールトン京都のピエール・エルメのアフタヌーンティー

リッツカールトン京都のアフタヌーンティーに行ってきました。

写真付きで紹介したいと思います。

リッツカールトン京都は京都市営地下鉄東西線「京都市役所前駅」から徒歩約3分のところにあります。

写真はホテルの入り口。

ホテルまでの通路です。

ホテル内からは紅葉も見られる素敵なホテルです。

エントランスの様子。

ラウンジは和モダンなデサインで落ち着ける雰囲気です。

周りのテーブルの話し声は思ったより聞こえます。

ラウンジの奥のテーブルにあるソファ席。

こちらはアフタヌーンティーです。

3段タイプ2段目にスイーツ。3段目にスコーンがあります。セイボリーは別皿です。

セイボリーからいただきます。

生ハム キャロットラベ 南瓜のサンドイッチ

カットされた人参と南瓜と生ハムをサンド。

スモークサーモン クリームチーズ 胡瓜のサンドイッチ

クリームチーズがめっちゃ合います。

トウモロコシとズワイガニ キャラメリゼナッツのタルト

ズワイガニとトウモロコシの2層構成になっています。

続いてスコーンです。

手前はプレーン、奥がマロンのスコーンです。

生地と表面がしっとりしていて口触りがとてもよいです。

ちなみに、アフタヌーンティーが運ばれて来るときはスコーンが冷めないように写真のカバーがされています。

テーブルに置かれた時にスタッフの方がカバーを外してセットしてもらえます。非日常感が感じられるサービスでとても気分楽しく過ごせます。

続いて一番楽しみなスイーツです。

イスパハン

ふんわり感とさくさく感の薔薇色のマカロンとクリームの相性が絶妙。甘さはしっかりある感じ。

プレジールシュクレ

左のチョコレートです。

ふんわりしたショコラと下の生地が抜群に美味しいです。

シュー オマージュ

他のスイーツより少し大きいこちらはシュークリーム。
サクッとした生地と濃厚なマロンのクリームがとても美味。

サラ

パッションフルーツの酸味が強いと思いきや、中のマロンと抹茶が緩和するような感じで絶妙です。

最後のお愉しみのカカオの風味があるチョコレートとマカロン。

感想

数少ないピエール・エルメのアフタヌーンティーということで期待を高くしていきましたが、ラウンジ内の周りの音が思ったよりも聞こえる感じでしたが、他は申し分なくとても美味しくいただけました。

またアフタヌーンティーで利用したのですが、コース料理を利用しているような手厚いサービスもあったりととても充実に過ごせました。

「いいね」と思ったらツイートお願いします!

少しでも参考になったらツイートしてもらえると励みになります。

ナレログ@スイーツビュッフェ探訪人

日常の労働で疲れ果てた身体を癒してくれるのは膨大な「甘さ」。永遠の甘さを求めてホテルのスイーツビュッフェを探訪中。年間40以上のホテルを訪問。

SNSでお得情報発信中。フォローはお気軽に!

  • @knowlelog
    厳選スイーツ写真をアップ
  • @knowlelog
    ブログで書けないことをツイート

ナレログ インスタグラム

※掲載の内容は記事公開・更新時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトなどの確認を!