【京都】情緒感じられる長楽館のアフタヌーンティー

長楽館のアフタヌーンティーは最高でした。

ホテルまでは10分ほど歩くんですが、それを吹き飛ばしてくれるように癒やされました。ロココ様式のお部屋は何度も行きたくなるようなステキな雰囲気。ティーカップやお皿にもこだわりが感じられます。また行きたくなるアフタヌーンティーの一つになりました。

言ってきた様子を写真付きのレポートで紹介したいと思います。

阪急河原町駅から徒歩で15分

長楽館は阪急河原町駅から四条通を東に進んで八坂神社に向かった先にあります。

入口前。

15分ほど歩くと長楽館に着きます。

情緒を感じられるホテル

ホテルの雰囲気に情緒を感じます。

館内に入ったすぐ横に応接室があるので、そこでアフタヌーンティーをいただきます。

店内は情緒感じられる雰囲気

店内の雰囲気。すごく情緒ある感じです。

ここは「迎賓の間」といってかつては応接室として使われていたお部屋で、装飾にロココ様式というヨーロッパの技法が使われているようです。今ではアフタヌーンティーを利用する方だけが入れるお部屋となっています。

テーブルは5つほど。

入り口近くに4つ、奥に1つあります。奥のテーブルは大人数用の大きなソファ席が備えられています。

シャンデリアがとても綺麗。

こちらはテーブルのセット。

こちらはメニュー。

紅茶と食前酒1種類ずつ選びます。
食前酒は別途料金でグレードアップすることもできます。

紅茶・コーヒーメニュー

オリジナルティー
・オリジナルブレンドティー

ブラックティー
・ダージリン
・アッサム
・ディンブラ
・キームン

フレーバーティー
・ウイーンのバラ
・白桃アールグレイ
・アールグレイ
・ポワール

コーヒー
・ブレンドコーヒー

少しした後に食前酒がきました。

アフタヌーンティーをワクワクしながら待ちます。

紅茶

すてきなティーカップです。

紅茶とコーヒーはポットに入れて運ばれてきます。おかわり自由です。

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーが来ました。

3段式のスタンドでセイボリー4品。スコーン2種。スイーツ5種、お愉しみの一皿の全12品。
ランチもできそうなバランスのよさそうな感じ。

セイボリー

1段目のセイボリーからいただきます。

大黒しめじとマッシュルームのケークサレ

カットしたしめじやマシュルームがたっぷりはいったケークサレ。

ハムときゅうりのサンドイッチ

ハムときゅうりの2種類のサンドイッチ。

エビのクロケット

衣がサクサクして美味しい。

鴨肉のパイスティック巻き

鴨肉、パイのサクサクした食感も楽しめる一品。

スコーン

中段のお皿の自家製スコーン2種

今まで食べたなかで一番好みのスコーンでした。

食感はしっとり。ほのかに香ばしい感じがとても美味しい。

こちらのスコーンもしっとりして最高です。

クロテッドクリームと自家製ジャム(ブルーベリー)を添えていただきました。

スイーツ

最後に上段のスイーツです。

カシスとマロンのムース

黄色の花がかわいいカシスとマロンのムース。
口溶けの良い食感が美味しい。

洋梨のタルトと季節のフルーツ

洋梨の風味が最高です。

こちらは気になっていたんですが、名前を忘れてしまいました。

リンゴのプリン

クリームをトッピングしたりんごのプリン。

自家製焼き菓子

サクサクです。

そして全て食べ終えた後は、お愉しみの一皿をいただきました。

感想

ホテルまでは10分ほど歩くんですが、それを吹き飛ばしてくれるように癒やされました。ロココ様式のお部屋は何度も行きたくなるようなステキな雰囲気。ティーカップやお皿にもこだわりが感じられます。

また行きたくなるアフタヌーンティーの一つになりました。


お得な情報満載の
ナレログ メルマガ配信中!

レストランをお得に利用する方法や最新のお得プランといった厳選情報を配信!

メルマガ登録へ

「いいね」と思ったらツイートお願いします!

少しでも参考になったらツイートしてもらえると励みになります。

ナレログ@スイーツビュッフェ探訪人

日常の労働で疲れ果てた身体を癒してくれるのは膨大な「甘さ」。永遠の甘さを求めてホテルのスイーツビュッフェを探訪中。年間40以上のホテルを訪問。

SNSでお得情報発信中。フォローはお気軽に!

  • @knowlelog
    厳選スイーツ写真をアップ
  • @knowlelog
    ブログで書けないことをツイート

ナレログ インスタグラム

※掲載の内容は記事公開・更新時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトなどの確認を!