【レポ】2019 ヒルトン大阪のいちごビュッフェ 開始から興奮が止まないお花の世界

いちごビュッフェの予約はお早めに!

ヒルトン大阪でで探す

2019年のヒルトン大阪のいちごビュッフェのレポートです。
店内・ビュッフェの様子、スイーツ、軽食を写真付きで紹介します。

お店に入ってからお花の世界に引き込まれ、あっという間の90分でした。

●目次

アクセス~ホテルまで

ホテルと直結しているヒルトンプラザ前。
JR大阪の中央口を出て、目の前の大きな道路を渡り、2分ほど歩くと到着。

ヒルトンプラザ入ってすぐ。

中央奥にヒルトン大阪に向かっていきます。

ヒルトン大阪のロビー(の天井)。

ロビーに入るとワクワクしますね!
会場は2階にあります。

左手にるエレベーターで2階に向かいますが、
降りた後に何やら人が…。

レストラン前ですが、かなり並んでる…!

もう少し余裕をもって来た方がよかったと後悔!

会場のお店の看板と、

その下に、立てかけられているボード。

テーブルにも可愛いシートが!
イベントに来たみたいでワクワクしてきました。

テーブルの上のかごの中に入ったフレッシュいちごもお出迎え。
ここは去年と同じですね。

ビュッフェ台はピンクのお花畑

ものすごくキレイだったんですが、
ビュッフェ台は写真撮影の激戦区でした。

気になっていたピンクと白のドーナツタワー。

ドーナツなのに、周りに花いっぱいで、めっちゃ可愛いです。

この5分ほどでビュッフェ開始のアナウンスでスタートしましたが、
先に色々紹介します。

もちろんスイーツはインスタ映え抜群

ピンクフラワードレスケーキ チェリーとキャラメルアーモンドバタークリームケーキ

スポンジの周りを丁寧に一つ一つ花びらのようにデコレーションされています。
甘さは抑え目。中に少しレーズンが入っています。
(ビュッフェで初めて見た形のスイーツ…!)

小悪魔ストロベリータルト バイオレットの香りを纏って

ストロベリーと“桜”クリームタルト

抹茶と金木犀風味のストロベリークリームタルト

ひらり春風のムース レモングラス風味のココナッツ・ストロベリー・レモンムース

ハイビスカス・ライチゼリー

オレンジ・カモミールゼリー

スイートドーナツタワー

ミックスベリーミニシュークリーム

ストロベリースノーボールクッキー

ストロベリーとマスカルポーネチーズのロールケーキ

ミツバチが集うミルクプリン

ジャスミン風味のパンナコッタ、ストロベリータピオカ添え

ストロベリーショートケーキ

ロリポップムース(ジンジャー・ライムホワイトチョコレートムース)

キャラメルピーカンナッツカップケーキ

ストロベリーミル・クレープ

ストロベリークッキー

その他。ムースの「フロマージュブランとバラ風味のリュバーブムース」と「ストロベリーマカロン」などがありました。

定番のファウンテンは2種

マシュマロを付けて頂きます。

アイスクリーム
(バニラ、ロイヤルミルクティー ストロベリーチーズケーキ)

最後に活躍するアイス。
スイーツと軽食でお腹がいっぱいになっても、全然食べられます。

軽食はカレーがメイン

和風カレー、ビーツライスとストロベリーピュレ

クリームコーンスープ、ストロベリーチップ添え

ホモス

桜の葉とトルティーヤチップ

もちろん、ドリンクも飲み放題

コーヒーや、カフェラテなど、お好きな飲み物を押して選びます。

(ホットコーヒー、アメリカン、エスプレッソ、アイスコーヒー、カフェラテ、カプチーノ、アイスコーヒーラテ、ホットミルク、ホットチョコレート、カフェモカ、ホットウォーター)

紅茶はスリランカの紅茶ブランド「ディルマ」。
セイロンティーですね。

(左)フルーツウォーター
(右)お水

飲み物で水が必要な場合はここでコップに入れます。

(左)ビーツとストロベリーヨーグルトスムージ
(右)ストロベリー・バナナスムージ

メニューは以上です。

お皿に乗せた様子。

店内は外の光りも入り、明るく広々

窓側の席は2人掛け、中央は4人掛けのテーブルが並びます。

中央のテーブルは広く間隔が取られています。
なので、周りを気にせずよい感じにおしゃべりに集中できそうです。

ちなみに写真はビュッフェ台側のテーブル。この裏側にも写真の3倍くらいのスペースでテーブルがズラリと並んでいます。

お店のイメージ。

右側がビュッフェコーナーでお店の入口。
左側がテーブルです。

ちなみに正面奥の少し左が軽食コーナーになっていて、開始30分後くらいは正面の看板ぐらいのところまで列ができていました。

入り口側にある装飾オブジェ。

いちごビュッフェの予約はお早めに!

ヒルトン大阪でで探す

書いた人

ナレログ管理人

ホテルのスイーツビュッフェを探訪中。甘党です。量は食べられませんが、なるべくたくさん食べたいので方法を模索中…ッ!

 

スポンサーリンク

※掲載の内容は記事公開・更新時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトなどの確認を!

関連記事

国内・海外ホテルを口コミ・最安値をチェック!【トリップアドバイザー】