【初心者用】紅茶を始めるのに必要なアイテムは3つだけ

紅茶を初めたい人が、入れるにあたって必要な道具を紹介します。

いきなりお金をかけるのも・・・っていうこともあると思うので、
最低限必要なものとあれば便利で楽しくなるものに分けて紹介します。

コンセプトは「いつもはカンタンに、たまにはちゃんと」です。

必要な道具

・茶葉
・ティーポット
・計量器

あると便利なもの

・ティーカップ
・ティーポット(陶器)
・ちゃこし
・砂時計

必要な道具アイテム

紅茶を入れるのに必要な道具は3つだけです。

①茶葉

茶葉は好きなものが一番よいです。

もし、何でもいい場合はTWININGやAHMADの紅茶が安く手に入りやすいのでおすすめします。

①ティーポット

紅茶を入れるためのティーポットです。ティーポットを使った方が手軽に紅茶を入れることが出来ます。

選ぶときのポイントは

  • 茶こし付き
  • お湯の量がわかる
  • 丸い形

別途茶こしを買う必要もないので、茶こし付きのものチョイス。紅茶は茶葉の量に対して適切なお湯の量があります。お湯の量が分かると便利です。丸い形だと茶葉がジャンピングしやすく香りと味がよくなります。

●一人分 (350ml)

一人分にちょうどいい量が350ml。
ティーカップ約2杯分、マグカップ約1杯分です。

●二人~三人分 (500ml)

二人分は500mlがおすすめ。
ティーカップ3~4杯分、マグカップ約2杯分です。

●多めに作る場合

アイスティーなど多めに作るときにおすすめです。

①計量器 or ティーメジャー

正確な茶葉の量を入れるために必要です。

ティーメジャーでも問題ないですが、茶葉によって入れる量が変わるので、正確に単位で測れる0.1kg単位の計量器がおすすめです。

あると便利なもの

ここからはあると便利になるアイテムです。

ティーカップ

お気に入りのティーカップです。

紅茶のティーカップを選ぶ時は、

  • 口が開いた背が低い、紅茶用のティーカップ
  • 口の開いた縦長の紅茶・コーヒー兼用のティーカップ

のどちらかを選びましょう。

紅茶専用の口が開いた背が低いティーカップは、飲む前に紅茶の色と香りを楽しむように作られています。兼用のティーカップは、口の開いて少し縦長の形状をしていて、紅茶・コーヒーどちらも楽しめます。ちなみに、コーヒー用のティーカップは飲んだ時にコーヒーの香りが立つように口が開いていない筒型の形状になっています。


お得な情報満載の
ナレログ メルマガ配信中!

レストランをお得に利用する方法や最新のお得プランといった厳選情報を配信!

メルマガ登録へ

※掲載の内容は記事公開・更新時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトなどの確認を!