一休.comレストランのお得な使い方。予約~会計までの流れ

一休.comレストランをお得に使えば、レストランを60%オフで予約したりすることができます。

これから使う方に向けてお得に使う方法を3つに分けてご紹介します。

1. タイムセールを活用する

一休.comレストランのタイムセールは、900件以上のレストランのランチやディナーなどを割引価格でお得に予約できる期間限定のイベントのこと。トップページに目立って表示されるのでご存じの方も多いはず。

そして、その割引価格のプランで予約をすれば、純粋にその割引された価格でレストランを予約できます。バーゲンの時に洋服を買うのと同じイメージです。

△こんな感じで割引価格のプランがズラーッと並びます。

だいたい月に1~2回開催され、各開催時の期間は1週間前後。セール率は多い時で最大60%オフにも。
もちろん、ホテルビュッフェやアフタヌーンティーも対象になります。

行きたいホテルのレストランが必ずセール対象になっているとは限りませんが、純粋に割引になるので利用しない手はないでしょう。

一休.comレストラン タイムセール

2. キャンペーン、クーポンを利用する

一休.comレストランのキャンペーン・特集一覧のページで枚数限定で配布されているキャンペーンの実施やクーポンが配布されていることがあります。

キャンペーン

対象のレストランで割引プランやスパークリングワイン付きなどの特別プランを実施。

クーポン

・期間限定。先着順。枚数限定
・1000円オフ、3000円オフ、5000円オフ
・過去の対象、東京:ホテル椿山荘東京、リッツカールトン東京、ウェスティンホテル東京
 大阪:リッツカールトン大阪、セントレジスホテル大阪 など

キャンペーン・特集一覧

3. グレードアップする会員ステージを活用

会員ステージとは、カード決済時のポイントが最大5%になるなどの特典が付く会員ランクのこと。この特典がとても優秀で、リピートするほどお得になるシステムになっています。

会員ステージ

  • レギュラー (5万円未満) 1.0%
  • ゴールド (5万円以上) 1.5%
  • プラチナ (10万円以上) 2.0%
  • ダイアモンド (30万円以上) 2.5%

会員ステージはレギュラー、ゴールド、プラチナ、ダイアモンドの4つに分かれていて、利用した金額に応じてステージが上がる仕組み。特典を受けられるゴールドになるには6ヶ月で5万円以上、最高のダイアモンドは30万円以上の利用が必要です。

もちろん、グレードアップの金額のハードルが高いようにも見えます。けれど、利用金額は宿泊予約やスパ、ギフトなどのレストラン以外のサービスも対象なので、普段から一休を利用している人ほどグレードアップに近づけられます。ぜひ活用しましょう。

一休限定プランを予約する

「一休コース」と書かれている一休限定プランのことです。

この「一休コース」は一休でしか予約できないことが多く、料金割引、窓際確約、スパークリングワイン付きなどの特典が付くことがあります。

予約~会計までの流れ

①プランを探す
②予約情報、氏名などを入力
③実際にお店に行く
④食事のあとは会計をする

詳しい流れを説明します。

プランを探す

希望のプランを探して「詳細・予約」ボタンを選択します。

予約情報を入力

来店日時、時間、人数、席(自動入力)を選択します。

問題なければ「予約へすすむ」ボタンをクリック。

自分の情報を入力

名前、電話番号などを入力します。

来店者氏名、ふりがな、電話番号、メールアドレス、パスワード、総人数の内訳

来店時に名前を伝えるため。電話、メールアドレスは滅多にありませんが何かあった時に連絡を取る際に必要です。

その他、必要事項を入力

その他、オプションや割引クーポン、レストランからの確認事項を確認し、入力します。

注意事項やキャンセルポリシーを確認し、問題なければ、「予約を確定する」ボタンをクリックします。

これで予約が完了です。

支払いはこの時点では発生せず、お店で行います。

※「注意書きをご確認いただけましたでしょうか?」には、「注意事項を見る」に書かれている内容を確認し、何もなければ「確認しました」、何かあれば質問や不安なところをを入力しましょう。

実際にお店に行く

予約日時になったら、実際にお店に行きます。

食事のあとは会計をする

食事をしたあとに、お店で会計を行います。

一休.comレストランでレストランを予約しよう

※掲載の内容は記事公開・更新時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトなどの確認を!