東インド会社の紅茶・おすすめ茶葉・購入店舗を紹介

東インド会社は1978年に紅茶販売のため設立された会社。紋章は同じだが歴史の教科書で登場した会社は一度解散している。

歴史を想起させるような美しく描かれた紅茶缶が魅力の一つ。アールグレイに、オレンジフレーバーを付けるなど今でもファンを魅了する紅茶を作り続けている。

紅茶について

ザ・スタントン・アール・グレイ

旧東インド会社の植物学者サー・ジョージ・スタントンが1873年にオレンジ風味のブレンド・ティーを作ったのが最初。ベルガモットオイル、ネロリオイルを各1%使用。
オレンジペコータイプ。渋味は少なく軽やか。香りはイギリス向けとのこと。水色は明るいオレンジ系の赤色。

ミルクティーOK。

ザ・ファースト・エステート・アッサム

コクあり、少し渋みがありますが、柔らかくて飲みやすいアッサム。
香りはスモーキー。ふんわ~りとする甘みもあります。この香り好きです。

ストレートでもいいですが、ミルクティーにしてもコクがちゃんと残ってくれるのででおすすめです。(ティーバッグで頂きました)

●産地 インド
●1袋あたり 200ml
●抽出時間 3~4分/強さ 5/お湯 100℃
●購入場所 いかりスーパー

ザ・キャンベル・ダージリン

旧東インド会社がインドダージリン地方の支配権を確立した際(1839年)に派遣した監督官Dr.キャンベルの名にちなんで命名。最高級の茶葉TGOFを使用。マスカテルの香がする上品で美味な紅茶。

●特徴
オレンジペコータイプ。渋味はマイルドさがあり中程度。飲みやすいバランスをつくっている。香りは深いきれがあり爽やか。水色はオレンジ系の赤色でしっかりしている。刺激的な渋味を押さえ、マイルドなテイストに仕上げている。チップが多く、とろみ、うまみが出ている。

ミルクティーでもOK。

取扱店舗

高級スーパーや輸入雑貨店などで取り扱っているのを確認しましたが、カルディや成城石井にはなかったです。

カンタンな通販をおすすめします。

概要

紅茶ブランド 東インド会社
設立 1978年
イギリス
紅茶の数 9種類ほど(日本公式HP参照)
お値段目安 1,500円~/100g
公式サイト 東インド会社の紅茶(英国)

※掲載の内容は記事公開・更新時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトなどの確認を!